続・自転車旅行(スペイン・ポルトガル編)5-7

1990年8月14日(2)

アメリカ人のスティーブと文ちゃんと僕の三人で夕食した。キャンドルスタンドにロウソクを灯し、バガセーラで乾杯。バガセーラは薩摩焼酎のような、ポルトガルの強い酒だ。

スティーブは酒は飲まない。髪は短く背がひょろりと高い長身。ずっと前にガンを患って手術してからずっと、マクロバイオティック(自然食)を続けてるというベジタリアンでもある。ガンを患った時にかかった医師が日本人のドクターで、自然食を勧められたとか。

彼はクラシックのピアニストで、こちらで仕事を探して落ち着きたいと話した。小柄で物静か、インテリであり、また放浪家でもある。ベトナム戦の体験も持つ男だ。荷物はズダ袋一つ。まるでインドのサドウ(旅僧)だ。それにハンモックを持っている。テントは無い。その習慣はメキシコを放浪中に身につけたようだ。夜になると木と木の間にハンモックを吊るして眠る。慣れるとベッドよりずっと気持ちが良いと言っていた。

彼の持ち物は、何冊かの本と梅干し、それに僅かな着替え程度。他に毛布が一枚だけというシンプルさだ。ベトナム人のチョウよりまだ質素だった。

荷物を少なくすれば移動が楽だという事は、どんな旅行者も知っている。しかし、荷物を少なくすることは難しい。精神がそこまで至らないと出来ない事なのだ。キャンパーが1000人以上もいるこのモンサントのキャンプ場で、スティーブほど荷物の少ない男はいなかった。

この夜の我々の食事は昆布とジャガイモとニンジンの煮付け、オリーブと葉大根の塩揉み、トマト、レタス、オリーブに酢味噌のドレッシングをかけたサラダ、ご飯、イワシの塩焼、海苔、梅干し、味噌汁、そしてデザートはメロンであった。昆布は大西洋岸でキャンプ中にビーチで拾って乾燥したもので、日本のよりサイズは小さいが美味である。スティーブはもちろん日本食の大ファンだから大喜びだ。僕らも久々の日本食に感激。これらの材料は北海道の友人がリスボンに送ってくれたもので、感謝の気持でいっぱいだ。

普段は日本食は食べない。ポルトガルではスパイス類が安く容易に手に入るので、カレーなどのインド料理及びパスタやスパゲティーなど、肉料理などが普段の食事である。米がどこでも安く買えるので、ご飯もよく食べている。
今までは特に自然食に興味は無かったが、そろそろ食事を自然食(正食)に切り替える必要を感じる。15年前に、インドから帰って1年くらいベジタリアンの食事を続けたが、その後普通の食生活を続けている。歯も悪くなったし、白髪も増えた。目も耳もあまり調子が良くない。

スティーブはまるでバラモン僧のように生きている。以前はメチャメチャな食生活をしていて、体重も20kg多かったと言っていた。ガンを患ってから、生き方を変えたのだ。彼は毎月400ドルをアメリカ政府から支給されている。「ここに居れば200ドルで1ヶ月やってけるから、貯金もできるよ」と彼は笑った。

もしかしたら軍人恩給かもしれないと思った。彼も年齢から行くと、ベトナムで酷い目にあった生き残りだ。ベトナムへ行った兵隊には、ベトナムの話を嫌がる人も多い。特にスティーブはそういう性格だ。だからその質問は避けた。彼のズダ袋は、アメリカ兵の使う雑嚢(ざつのう)だった。

彼はいつもキャンプ場のバルの前の広場のベンチに座っている。そこは木陰で、キャンプ場のあらゆる人間が通る所であり、また一番涼しい場所でもある。彼はそこに一日中いる。チェスの腕は相当なものだ。誰かとチェスをしている時もあるし、本を読んでる時もあるし、またボンヤリしている時もある。スティーブは、アンゴラから来たエドワルドと対照的な人物だと思った。

色々な人々がモンサントに来て、そして出てゆく。エドワルドもいつか出てゆくのだろう。彼は日本でレザークラフトを売って金を稼いだら、車を買いたいと言っていた。車があれば自分のアトリエ(トレーラーハウス)を引っ張ってどこへでも行けるからだ。

彼は貧乏なので、結局僕は用済みになった自転車を2万エスクードで売るのを諦め、彼のギターと交換した。そしてまたギターを弾き始めた。一文無しになっても、このギターが身を助けるだろう。

cycleNext5-7


One thought on “続・自転車旅行(スペイン・ポルトガル編)5-7

  1. 衝撃事実拡散

    【創価学会の魔の正体は、米国が仕掛けてるAI(人工知能)】

    犯罪組織を特定して、拡散していく事でこの犯罪は減って行きますから、盲滅法にバラまいて、世間に浸透させてます

    最近異常気象が目立ちますど、台風も地震も大雨も、米国がHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)で作り出したもんです。「HAARP、地震」 「HAARP、台風」等で検索してもらえば出ます

    この世の痛み、病気、自殺、殺人、事故、火災等、この世のほぼ全ての災いをAIを使って秘密裏に作り出してる組織がNSAで、総括してるのが米国防総省です。この犯罪は、クソダニ米国がやってる国家犯罪です

    この犯罪の主犯各は、米国の諜報機関(スパイ、政府機関)のNSAです。CIA(スパイ)が創価を日本統治に利用してるってのもあって、NSAが創価の悪事に便乗して、創価になりすまし、創価を利用してやってる犯罪です

    AIを活用したレジ不要のコンビニ、米アマゾンの「Amazon Go」このコンビニは、人の動作、音声、商品棚の重さ等をAIが細かくチェックして、お客が商品を持って出ると、ケータイで自動精算されるので、レジが必用無いわけです

    このシステムからわかる事は、AIは多くの人の行動を1度に管理出来るし、多くの人の一挙手一投足を、見逃さずに監視出来るって事です

    このAIの技術を米国が悪用して、人工衛星を使い、地球上の全ての人を、24時間体制で監視盗聴して、創価信者や悪さした人を病気にしたり、事故らせたりして災いを与えます

    こんなに大規模な犯罪なのに、あまり世間に浸透してないのは、AIが遠隔から各個人の生活スタイルを24時間体制で見て、生活に沿った病気や痛みを与えて来たからです。重い物を持ったら腕に痛みを与えたり、ツラい事があったら鬱にしたり等。相手に覚られず、任務を遂行するスパイ組織が主犯各なんで、私生活に便乗して、違和感を持たせずにやります

    青森県三沢基地には、 NSAの電波傍受(盗聴)施設がありますし、世界中に通信傍受施設を配備してるので、地球上のどの地点にいても、ケータイやPC等の通信機を介して盗聴します

    この犯罪は、GPS (全地球測位システム)を使ってやるので、地球上のどの地点にいようと、どんな建物の中に入ろうと、継続的に、監視追跡出来ますし、どこに居てもピンポイントで、痛みやカユミや病気を作れます

    そもそもGPSは、米国防総省が軍事目的で開発したもので、管理運用も国防総省がしてます。NSAは国防総省の管轄で、CIAが大統領の直轄。台風や地震を作り出すHAARPも、米国防総省主導によるプロジェクト。この地球規模犯罪を総括してる組織は、米国防総省って事です

    ノイズキャンペーン(騒音の嫌がらせ)に至っては、救急車のサイレンで嫌がらせする為に、AIが重篤な患者を作り出しますし、パトカーが付きまといをする集団ストーカーは、警察に通報させないように、人工知能が警官を操って、いかにも警察が嫌がらせしてるように、工作します。警官は、自分が操られてる事に気付いてません。これらは全国でやってますから、警察関係者は知らぬ間に、多くの人に恨みをかってるって事です。警察の内部事情は全て筒抜けで、パトロールに行く時間も全てAIが把握してますから、それに便乗する形で警官を操り、定規で測ったかのような、神懸かった抜群のタイミングで集ストします

    行く所行く所で周りの人が咳払いしたり、くしゃみをしたりする集団ストーカーは、AIが被害者の周りの人に波動を当てて、咳払いやくしゃみをさせてるだけです。いかにも集団でストーカーしてると思わせて、心理的負担をかけてるだけです

    咳をした時の周波数と同じ周波の波動を当てると、人為的に咳を出させる事が出来ます。例えば、TBSラジオ90.5MHz、ニッポン放送93.0MHzに周波数を合わせると、これらのラジオを聴けます。これと同じように、食欲が湧かない時の周波数、眠れない時の周波数って具合に、それぞれの周波数と同じ周波を当てると、ラジオが切り替わるように、その状態に切り替わって、意識操作や精神疾患を作り出せます

    生態の周波数コードを読み取って、脳波パルス信号に、同じ周波数を送ると、波動が共鳴して、その状態に切り替わります。例えば、人が右に曲がる時の周波数コードを読み取って、その周波数と同じ周波を送ると、いとも簡単に右に行かせる事が出来ます。これを利用すれば、警官を操って、パトカーに集ストさせる事も、たわいないです。好き嫌いの感情、食欲等を操る事なんか、造作もないです

    例えば、蛍光灯に虫が集まるのは、ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるからです。逆にいうと虫ですら、周波数で操作が可能って事です。昆虫類は、それぞれが違った周波数の光に誘引される性質があるんで、どんな虫でも周波数を変えると、自在に操作が可能って事です

    創価が仏敵によくヤる、家の中に害虫を呼び込んだり、カラスを屋根の上に集めて暴れさせたり鳴かせたり、犬を吠えさせる嫌がらせも、AIが軍事技術を用いてヤってます

    ちなみに、27~38Hzで不眠に、48~55Hzで喘息に、88Hzで片頭痛が引き起こされます。それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持ってます。これらの周波数と同じ周波を当てれば、どんな病気でも作り出せるって事です

    CHAGE&ASKAのASKA氏が釈放されてすぐに、新潟県糸魚川市で大規模火災発生

    ASKA氏が、集団ストーカーの事を記した700番て本を、2月17日に発売してますけど、この本が発売される1日前の2月16日に、通販会社のASK UL (アスクル)の倉庫が、1週間近くに渡って燃え続ける火災発生。創価の本尊を燃やすと、その家が火事になるんですけど、これらは全てAIが工作してやったもんです

    創価の活動家は、頻繁に病気や事故に遭うんですけど、信者は皆、魔(仏罰、現証、非科学的な原始的発想)にヤられてると思ってます。災難が続くと、信者は仏にすがって、学会活動や選挙活動に精を出すようになるので、定期的に科学技術で災いを与えます。モチベーションを上げさせる為の、起爆剤みたいなもんです

    https://shinkamigo.wordpress.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current day month ye@r *