マジャールの残影 1-1

1997年4月15日

モスクワ行きの飛行機は地上を離れ、私と妻の二人旅が始まった。軍用機を旅客用に改造したと言われるアエロフロート機は上昇する乱気流の中で揉まれるとガタガタと大げさに震えてみせた。

椅子のペンキは所々剥げ落ち、椅子のカバーは少しばかりほつれ、隅っこには埃が溜まっていた。しかし、日本(成田)からウィーンまでの往復チケット代は格安(2ヶ月オープン。9万6千円)なのだから文句は言えない。ヨーロッパまで往復で10万円足らずというのは、それにしてもべらぼうに安い。

なんだか悪い事が起きはせぬかと、一抹の不安が胸をよぎる。

私は北海道の北の方の小さな町でレストランを始めて一年半になる。冬は暇だから、2ヶ月ばかり店を閉めて旅に出ることにした。店が潰れるかも、という不安は無視。

昔から旅に使用している登山用の小型のリュックサックの中には、画帳と水彩絵具一式が入ってる。お客さんや友人らには、料理研修と絵画制作の為の取材旅行などともっともらしい事を理由にしているが、私達の本音は「旅がしたいから旅に出る」程度のものなのだ。別に有名観光地を見たいとか思わぬし、また、珍しい土産を買いあさる気もない。行方定めぬ気まま旅だから、荷物は最小限しか持たない。

私は1974年にリュック一つを肩に世界一周の放浪に出かけたが、荷物の量も旅のスタイルもあの頃といささかも変わらない。その頃私は30歳だった。変わったと言えば、髭に白いものが混じり、体のあちこちがくたびれて来たくらいなものだ。

ヒラリーがエベレストに登頂した後で「なぜ山に登るのですか」と聞かれて「山がそこにあるから」と答えた話は有名だが、私の旅もそんなようなものだ。「なぜ旅に出るのか」と聞かれたら、「道がそこにあるから」とでも答えるしかないだろう。

俗世間一般では、大金を投じてわざわざ苦労をしに行くような行為がなかなか理解できない人間も多い。そういう人間にいくら説明したところで、疲れを覚えるばかりだ。ヒラリーも、そんな気持ちだったのではないかと思う。金を儲けたり貯め込んだりする事以外に、人間を夢中にさせるものがこの世には結構あるのだが…

hungary1-1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current day month ye@r *