マジャールの残影 3

1997年4月17日 時々みぞれと雪

それにしても寒い。もう暖かくなった頃だと思って来たのにショックだ。

3月中旬にしては異常な寒さだと、近所の八百屋のオジサンがぼやいていた。

その店はホテルのすぐ近くにある。目立たない小さな八百屋で、私達はイチゴや赤カブなどを時々買う。

オジサンは英語を話せるので色々な事が分かる。オジサンが言うには

「こんな寒いのは20年ぶりだそうだよ。ウィーンはね、アルプスの方から冷たい風が吹き込んで来る所なんだ」

という事で、どうりで寒いわけだ。

軽装の私達は、いくら北海道から来たとは言っても震え上がってしまった。ちょっとだけ町の中をぶらついてる内にすっかり冷えてしまい、具合が悪くなった。

ほとんど眠って過ごした。時差ボケと長旅の疲れが出て来たらしく、いくら眠っても眠いのだ。こんな時に無理すると体調を壊す。2、3日はゴロゴロしているに限る。

起きている時はテレビを見て過ごした。日本映画「トラ・トラ・トラ」もやっていた。ドイツ語に吹き替えてあるから、三船敏郎も他の俳優も皆ドイツ語で喋っている。日本の映画なのに内容がさっぱり理解できないもどかしさ、とにかくヘンテコな感じがした。

ドラマの内容が単純なものや粗筋を知っているものだと、ドイツ語が理解できなくても結構楽しめる。スポーツ番組、音楽番組などは言葉はほとんど何の障害もない。

音楽とスポーツに国境無しというところか。

hungary3


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current day month ye@r *