マジャールの残影 9-1

1997年4月24日 晴れ

今日は久々の快晴。窓から差し込む光が眩しく、清々しかった。青い青い空の色は久しぶりだ。

バスは定刻の時にエリジャベート広場のターミナルを出発した。

南へ行くほどに空は青さを増し、やがてハンガリー大平原にバスは達した。緑の小麦畑も地平線も大型のトラクターも陽炎の中で揺れていた。

私は北海道が懐かしかった。

私達のバスはドナウ川に沿って走り続けた。バスは時々、見知らぬ街に停まった。

ブダペストでも英語はあまり通じなかったが、ここまで来るとほとんど、全く、絶望的に通用しなくなった。ハンガリー語は、正確にはマジャール語である。

このマジャール語と英語とは月とすっぽん程も違う。ハンガリー人が英語を覚える大変さは、我々日本人と変わらない。ロシア語やドイツ語の方が、こちらではずっと流通性があるようだ。

大きな街のバスセンターにバスが停まった時に、運転手さんにトイレに行きたい事を何とか理解してもらうのに苦労した。しかしみな親切で、トイレの場所を教えてくれ、バスの運転手は神に11:55と書き込んでみせ「スタート」と英語で教えてくれた。

スタートまで15分位あったのでトイレに行き、その後スタンドで紅茶を飲む事が出来た。

ブダペストからペーチまで4時間。料金は1400Ft(1000円)だった。

午後1時半ごろペーチに着いた。

ペーチはハンガリー大平原の南西部に当たり、少し山の中に入った所に位置する南ハンガリーの古都である。ローマ時代はショピアナエと呼ばれていた。

昔からキリスト教が栄えたが、1543年から1686年までオスマントルコの支配下にあった。現在も商業、手工業、学問が盛んである。

hungary9-1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current day month ye@r *