自転車旅行(スペイン・ポルトガル編)2-1

1990年3月11日
朝起きてテントの入口から首を出して外を見ると、すっかり晴れて我々のキャンプしている凹地の崖の上の方が朝日を受けて赤く輝いていた。

朝食をすませ、サイドバッグをテントから出して自転車に取り付け、テントをたたんだ。テント、マットレス、スリーピングバッグを自転車に取り付ける。これはゴムの太い紐でワンタッチで取り付けるように工夫されている。

再び国道に出て走り始めた。途中ガソリンスタンドでC・C・Rという潤滑油を買った。これはスプレー式で、便利なもので必需品でもある。チェーン、ギヤ、レバー、ブレーキ、車軸等に注油した。昨夜の雨で自転車が濡れて調子悪ったのが、嘘のように直ってしまった。

昼頃、道路わきの農家の廃屋の庭に自転車を乗り入れて昼食。花が咲き乱れ、羊飼いのおじいさんが一人、犬と共に羊の群の番をしていた。古い農家らしい。屋根はくずれていたが、ペチカはそのままに残っていた。ここで暮らした人達は、もはやこの世には生きていないのではないかと思った。時の流れ、時代の移りかわり、人生のはかなさを感じた。咲き乱れる花の美しさが少し悲しく見えた。

ペチカにガスコンロをすえて、コーヒーを沸かした。かぐわしいコーヒーの香りが、かつての部屋をみたした。それは、百年ぶりであったかも知れなかった。それ程に、その廃屋は古いものであった。石やレンガでしっかり作られているため、いつまでも残っているのである。

おいしいスペインのサラミソーセージをたっぷりパンにはさんでかぶりつく。ビノ(ぶどう酒)もなかなかいける。大きなオレンジを3個食べたら、ノドの渇きもおさまった。とにかく、スペインは空気が乾いているからノドが渇く。バルやキャフェテリアでは、スペイン人はしょっちゅうビノ、セルベッサ、コーヒーを飲んでいるが、気候のせいもあるようだ。

再び国道に出て走り始めた。

夕方、カレーラ・イ・チョサスの町外れの、今は使われていない駅の、古い建物の横にテントを張ってキャンプ。駅の空地には花が咲き乱れ、人影もなく静かで美しかった。

僕は、静かできれいな所にいつもテントを張る。文句を言われたら引越せばよいし、言われなければ、そのまま居座ることにしている。そのような精神でやらないと、自由なキャンプなど出来ないからである。

キャンプ場でのキャンプは、なかなか大変であると思う。料金もとられる事が多いし、他のキャンパーが夜遅くまで騒いでいて眠れなかったり、不潔だったり、キャンプ場へ行き着くまで人に聞いたり、地図を調べたり、電話をしたりという苦労もある。

僕は走っていて、あ!ここはいいなと思ったら、すぐにテントを張ってキャンプを始める。責任者とか土地の所有者が文句を言って来たら、事情を説明する。「一晩しか泊まらない。明日は出発する」のだと知れば、たいていわかってくれる。北海道では、よく土地の所有者に野菜などもらった。追い出されたことはまだ一度もない。「渡る世間に鬼はなし」である。しかし、出発の時はお礼のあいさつをし、またゴミはちらかさず持ち帰るか、ゴミすて場まで持って行って捨てるというのは、キャンパーの常識であるし、仁義でもある。

テントを張り炊事していると、町の老人達が珍しそうに僕らを見ながら通り過ぎて行った。「ベナス・タルデス」と挨拶すると、彼らも「ベナス・タルデス」と言って笑った。

熱いコーヒーを沸かして飲み、オリーブ、サーディンをサカナにビノをチビチビやって、美しい田園の夕暮れの景色に見とれた。スペインはまったく絵になる所だといつも思う。熱いマカロニスープに、チーズをたっぷりはさんだパンで夕食。焚き木が手に入ればもっと色々な料理も作れるのだが、この辺りでは薪はおろかガスボンベも手に入らないので、キャンピングガスをケチケチ使って料理するしかないのだ。

夜、トイレに起きてテントの外に出ると、月明かりの下にゆるやかな丘と町が青い影となって眠っているのが見えた。

cycle2-1


2 thoughts on “自転車旅行(スペイン・ポルトガル編)2-1

  1. 小生はfacebookにあなたに日記を登録して、そこからアクセスしています。
    ですので、小生のfacebookにアクセスする方はあなたの日記を読む人もいます。
    既に一人の人が読んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current day month ye@r *