自転車旅行(スペイン・ポルトガル編)3-3

1990年3月25日(日曜日)

いつもより遅く起き、朝食の後、外出。途中、教会に入った。教会で、一時間位ボーッとしていた。歩き疲れた時は、教会の中で休むのが一番良い。静かだし、リラックスできる。

レストランの前の戸外のテーブルの席で、セルベッサとワインを飲み、手紙を書いた。買物したくても、店はバルを除いて全部休みだ。シェスタの後、スケッチに行った。こちらでは、スケッチしていても人々に囲まれることはないから、仕事が楽だ。

宿に戻る。妻は、松本さんに手紙を書いていた。熱いシャワーを浴びてから、妻の作った夕食をとる。店が休みだから、ありあわせで作ったのだがうまい。ホカホカのご飯に塩(醤油の代り)をふりかけ、海苔をふりかけて食べたがうまかった。ターキーの肉汁にキャベツとトマトソースを加えた熱いスープ、それと残ったパン。

スペインは、週休二日制が日本より一般的で、商店も土、日は休みだから、金曜日に食糧を買っておかないと困る。おかげで、三日も居たのにガスボンベを買う事が出来なかったし、手紙も出せなかった。

cycle3-3


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current day month ye@r *