自転車旅行(スペイン・ポルトガル編)4-6

1990年4月4日

今日も風は憎むべき向い風だ。この風のために、1日の走行距離は追い風の時より40パーセント近くか、それ以下にダウンする。下り坂なのに、ペダルをこがねば進まない時もある。向い風が強いと、平地を走っている時でも、坂を登るのと変わらない。それでも今日は頑張って70キロ走った。

夕方、雨がポツリポツリ降り始めたので、国道から農道におりて、草地にテントを急いで張ってキャンプ。すぐに雨は激しくなった。

テントの中で夕食をとった。牛肉のステーキ、熱いヌードルスープ、パン、オリーブ、ヤギのチーズ、それにワインと、ポテトと玉ネギのソテーというメニューだった。このようなキャンプ生活では、食事が大きな楽しみだから、なるべく工夫をこらして、おいしいものをたっぷり食べるようにしている。お金がそれほどなくても、工夫すればかなり贅沢できるものだ。我々の1日の全部の予算は、二人でたったの1000円だが、それでなんとかこなしている。

バル、パン屋、食料品屋と市場には人々の生活がある。自炊していると、そのような場所との関わりもあるので面白い。

cycle4-6


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current day month ye@r *