自転車旅行(スペイン・ポルトガル編)5-1

1990年4月8日 ドミンゴ

雨の音で目が覚めた。この雨には、いい加減うんざりする。そればかりか、雨の時は風も強く寒い。

昼頃雨が止んだが、疲れているので、今日はドミンゴ。ラジオの音楽を聞きながら、テントの中で昼食。

雨は降ったり止んだりしていたが、風がつのり、夜の8時頃には暴風雨となった。そのうち遠い雷鳴が近づいて来て、我々のキャンプ地の近くに何度か落雷。とても生きた心地はしなかった。自転車やテントに落ちませんようにと、神仏にただ祈るしかなかった。30分位したら、雷も遠のいたが、雨は激しく降り続けた。夜中に浸水したので、テントを移動した。

周囲は真っ暗な無人境で、なにか不気味さをこの時感じた。濡れた毛布の中で一夜を過ごした。

cycle5-1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current day month ye@r *