自転車旅行(スペイン・ポルトガル編)5-3

1990年4月10日

朝起きると上天気だった。テントをたたんで、ビーチを出発。

昼頃、木陰で休んでいると、ファーロの近くで会った、アメリカ人の自転車のカップルに会った。彼らもキャンプしながら、リスボンへ行く途中だった。お互いに写真を撮って別れた。

アメリカ人は昼食をそこですると言うので、僕らは空腹のまま先に出発した。次の町で食糧を買わないと食べる物もない。アルハンブラにはパン屋もなく、そのままパス。アルヘスールという町で、やっと食糧を買う事が出来、町を外れた国道の脇の木陰で昼食(午後3時に)。

パン、ワイン、セルベッサ、オレンジ、ビワ、チョリーソ、ヌードルスープ、コーヒー、ブドウのジャム、ビスケット、というメニューで、久しぶりに腹一杯詰め込み、大満足。自転車旅行は、とにかく良く食べる。食べることが楽しみな旅でもある。

食事の後、ミルクコーヒーを沸かして飲んでいると、アメリカ人のカップルが追いついて再会。少し話をして、彼らは先に出発した。リスボンまでの旅はあと250キロメートル。自転車には長い旅だから、またどこかで会うだろう。

夕方、オデセイハの町に着いた。川に沿って海岸を出て、空地にキャンプした。風が強くなったので、テントを崖の陰に移動。

夕食は、トマトのスパゲティ、ワイン、チョリーソ、バター、ジャム、じゃがいものスープ、それに重く大きなパン。これは円錐形をしている。僕の頭と同じ大きさで、これ一個で大食いの二人でも充分一日まかなえる。

cycle5-3


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current day month ye@r *