続・自転車旅行(スペイン・ポルトガル編)2-2

1990年7月1日

バダホス、アルブルケルケ、サン・ビセンテ・デ・アルカンタラ、バレンシア・デ・アルカンタラの村を経てポルトガルの国境に夕方に着いた。

ひどい格好で何日も風呂に入ってなかったので、係官に怪しまれて、いくら金を持ってるか聞かれた。二人合わせて9万円しか持ってなかった。本当のことを知られると入国させてもらえないかも知れぬので、T・Cとドル札をチラチラと見せて、100万円持ってると言ってやった。係官は英語がわからぬので、うまくごまかせた。これで再びポルトガルに滞在できる。

国境は険しい山岳地帯だ。ポルトガルに入ると、いきなりダートな道に変わった。車が通り過ぎると、しばらく埃で何も見えない。

日が沈んだ頃(9時)、山の中に適当なキャンプ地を見つけてもぐり込んだ。道路から見えない場所でキャンプするのがベター!安全だ。

ジャガイモのカレー。途中でとったリンゴを一緒に煮たので、少し酸っぱいカレーだった。飯を鍋いっぱい炊いたが、二人とも腹ペコでほとんど空になった。クキ茶を飲む頃には、空は星でいっぱい、今夜もミルキーウェイが素敵だ。

ふくろうの声を聞きながら眠った。

cycleNext2-2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current day month ye@r *