続・自転車旅行(スペイン・ポルトガル編)4-6

1990年8月4日

ヨーロッパのキャンプ場では、常に数ヶ国語が話されている。これも我が国では考えられぬ事だ。

ヨーロッパ人の中には、数ヶ国語を自由に話す人はざらにいる。ポルトガル語が喋れればスペイン語、フランス語、ルーマニア語、イタリア語などを覚えるのは難しくない。これらの言葉は共通な部分、似かよった言葉を使用しており、東北弁や関西弁という感じである。ドイツ人がオーストリア語、オランダ語、スイス語などを喋るのも同様の理で、大した努力を必要としない。

我々日本人が欧米の言葉を覚えるのは、彼らが日本語を覚えるのと同様、多大の努力を必要とする。だから、彼らが3ヶ国語や5ヶ国語を自由に喋れてもどうと思わぬが、日本語や中国語などを勉強している欧米人を見ると尊敬の念を覚える。

しかし、ほとんどの欧米人は東洋の言葉など勉強しない。東洋に興味を持ち、深い知識を持つ人は稀である。日本人の方がはるかに欧米の歴史、文化、科学、芸術などに対する(常識としての)知識を持っている。

これに対し欧米人は、自分の国の事しか知らぬ人間がほとんどと言っても良いくらいだ。ひとつは、彼らの教育レベルが低いせいでもある。ピラミッド社会だから、大学まで進む人間はほんの一握り。中卒、せいぜい高校までか職業学校卒がほとんどである。

そしてまた、日本人のように好奇心がやたらに強いという事もない。日本人の旅行好きは、単に金持ちの趣味ではなく、この旺盛な好奇心に根差していると思う。外国に行ってカメラで何でもかんでも写真を撮りまくるのも、その現れではないかと思う。カメラを持ち歩くのは、何も日本人ばかりでない。欧米人もみんな、首にでかいカメラをぶら下げて観光している。

日本の茶の間でテレビを見ていて感ずるのだが、自分たちの住宅事情、サラリー、バカンスなどを問題にする時、必ずヨーロッパやアメリカの実情と対比してレポートしている。国外の事情に対する興味が一般に強いからだ。

開国以来、日本人は欧米の文化、科学などの吸収に絶え間ない努力を続けてきた。日本人はそれを猿真似したのではなく、それらを完全に理解した上で、さらに改良を加えてきた。400年前、ポルトガル人が火縄銃を我が国に伝来した時、その兵器としての有効性を大いに認め、わずか9ヶ月後にはそのレプリカを日本人の手で完成したのである。さらに数年後には、ポルトガルの火縄銃を凌ぐ性能とデザインの和式火縄銃が量産され始める。これを見て、当時のヨーロッパ人は非常に驚いたという。それは当然の事であろう。

ヨーロッパ人の日本に対する知識は皆無に近い。したがって、日本に対する誤解も多い。日本はもっと積極的に我が国の自然、文化等を国外にアピールすべきだ。それによって、我が国と外国との溝もかなり解消されるはずだし、また観光客も増えるだろう。

海外からお客さんの受け入れ体制もまったく遅れている。英語の標識、案内図、インフォメーションをもっと徹底させれば、外国人の日本国内の旅行もかなり楽なものになるはずだ。楽になれば、外国人の訪日も多くなる。

今日では、英語がすっかり国際語になってしまっている。ヨーロッパ人も(あのフランス人でさえ)外国を旅行する時は、否応なく英語を喋っている。このキャンプ場でも英語が共通語である。

残念ながら、日本人はほとんどの人が(読み書きは出来るが)英語を喋れない。これでは日本人が国外へ旅する時、そして外国人が我が家に訪ねてきたり、道を訊かれた時などの対応が出来ず不自由である。だから英語教育の会話と読み書きの対比を2:8から5:5ぐらいにすべきだ。日本が国際社会の中で上手くやって行く為にも、それは急務である。

我々が英語を学ぶという事を、英国の被支配者となる事と混同している人達もいるが、今や英語を自由に喋り読み書き出来るという事が、国際社会の一員である為の条件なのである。

cycleNext4-6


One thought on “続・自転車旅行(スペイン・ポルトガル編)4-6

  1. 衝撃事実拡散

    最近異常気象が目立ちますど、台風も地震も大雨も、米国がHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)で作り出したもんです。「HAARP、地震」 「HAARP、台風」等で検索してもらえば出ます

    この世の痛み、病気、自殺、殺人、墜落事故、交通事故、火災等、この世のほぼ全ての災いを【人工知能】を使って秘密裏に作り出してる組織がNSAで、総括してるのが【米国防総省】です。この犯罪は、クソダニ米国がやってる国家犯罪です

    この犯罪の主犯各は、米国の諜報機関(スパイ、政府機関)のNSAです。CIA(スパイ、政府機関)が創価を日本統治に利用してるってのもあって、NSAが創価の悪事に便乗して、創価になりすまし、創価を利用してやってる犯罪です

    人工知能を活用したレジ不要のコンビニ、米アマゾンの「Amazon Go」このコンビニは、人の動作、音声、商品棚の重さ等を【人工知能】が細かくチェックして、お客が商品を持って出ると、ケータイで自動精算されるので、レジが必用無いわけです

    このシステムからわかる事は、人工知能は、多くの人の行動を1度に管理出来るし、多くの人の一挙手一投足を、見逃さずに監視出来るって事です

    この人工知能の技術を米国が悪用して、人工衛星を使い、地球上の全ての人を、24時間体制で監視盗聴して、悪さをした人や創価に逆らった人を病気にしたり、事故らせたりして災いを与えます

    こんなに大規模な犯罪なのに、あまり世間に浸透してないのは、人工知能が遠隔から各個人の生活スタイルを24時間体制で見て、生活に沿った病気や痛みを与えて来たからです。重い物を持ったら腕に痛みを与えたり、ツラい事があったら鬱にしたり等。相手に覚られず、任務を遂行するスパイ組織が主犯各なんで、私生活に便乗して、違和感を持たせずにやります

    青森県三沢基地には、 NSAの電波傍受(盗聴)施設がありますし、世界中に通信傍受施設を配備してるので、地球上のどの地点にいても、ケータイやPC等の通信機を介して盗聴します

    この犯罪は、GPS (全地球測位システム)を使ってやるので、地球上のどの地点にいようと、どんな建物の中に入ろうと、継続的に、監視追跡出来ますし、どこに居てもピンポイントで、痛みやカユミや病気を作れます

    そもそもGPSは、米国防総省が軍事目的で開発したもので、管理運用も国防総省がしてます。NSAは【国防総省】の管轄で、CIAが大統領の直轄です。台風や地震を作り出すHAARPも、米国防総省主導によるプロジェクトです。つまり、この地球規模犯罪を総括してる組織は、米国防総省って事です

    ノイズキャンペーン(騒音の嫌がらせ)に至っては、救急車のサイレンで嫌がらせする為に、人工知能が重篤な患者を作り出しますし、パトカーが付きまといをする集団ストーカーは、警察に通報させないように、人工知能が警官を操って、いかにも警察が嫌がらせしてるように、工作します。警官は、自分が操られてる事に気付いてません。これらは全国でやってますから、警察関係者は知らぬ間に、多くの人に恨みをかってるって事です。警察の内部事情は全て筒抜けで、パトロールに行く時間も全て人工知能が把握してますから、それに便乗する形で警官を操り、定規で測ったかのような、神懸かった抜群のタイミングで集ストします

    行く所行く所で周りの人が咳払いしたり、くしゃみをしたりする集団ストーカーは、人工知能が被害者の周りの人に波動を当てて、咳払いやくしゃみをさせてるだけです。いかにも集団でストーカーしてると思わせて、心理的負担をかけてるだけです

    咳をした時の周波数と同じ周波の波動を当てると、人為的に咳を出させる事が出来ます。例えば、TBSラジオ90.5MHz、ニッポン放送93.0MHzに周波数を合わせると、これらのラジオを聴けます。これと同じように、食欲が湧かない時の周波数、眠れない時の周波数って具合に、それぞれの周波数と同じ周波を当てると、ラジオが切り替わるように、その状態に切り替わって、意識操作や精神疾患を作り出せます

    生態の周波数コードを読み取って、脳波パルス信号に、同じ周波数を送ると、波動が共鳴して、その状態に切り替わります。例えば、人が右に曲がる時の周波数コードを読み取って、その周波数と同じ周波を送ると、いとも簡単に右に行かせる事が出来ます。これを利用すれば、警官を操って、パトカーに集ストさせる事も、たわいないです。好き嫌いの感情、食欲等を操る事なんか、造作もないです

    例えば、蛍光灯に虫が集まるのは、ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるからです。逆にいうと虫ですら、周波数で操作が可能って事です。昆虫類は、それぞれが違った周波数の光に誘引される性質があるんで、どんな虫でも周波数を変えると、自在に操作が可能って事です

    創価が仏敵によくヤる、家の中に害虫を呼び込んだり、カラスを屋根の上に集めて暴れさせたり鳴かせたり、犬を吠えさせる嫌がらせも、人工知能が軍事技術を用いてヤってます

    ちなみに、27~38Hzで不眠に、48~55Hzで喘息に、88Hzで片頭痛が引き起こされます。それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持ってます。これらの周波数と同じ周波を当てれば、どんな病気でも作り出せるって事です

    CHAGE&ASKAのASKA氏が釈放されてすぐに、新潟県糸魚川市で大規模火災発生

    ASKA氏が、集団ストーカーの事を記した700番て本を、2月17日に発売してますけど、この本が発売される1日前の2月16日に、通販会社のASK UL (アスクル)の倉庫が、1週間近くに渡って燃え続ける火災発生。創価の本尊を燃やすと、その家が火事になるんですけど、これらは全て人工知能が工作してやったもんです

    特に創価の活動家には、頻繁に災難が降りかかるんですけど、信者は皆、魔(仏罰、現証、非科学的な原始的発想)にヤられてると思ってます。災難が続くと、信者は仏にすがって、学会活動や選挙活動に精を出すようになるので、定期的に科学技術で災いを与えます。モチベーションを上げさせる為の、起爆剤みたいなもんです

    犯罪組織を特定して、拡散していく事でこの犯罪は減って行きますから、盲滅法にバラまいて、世間に浸透させてます

    https://shinkamigo.wordpress.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current day month ye@r *