続・自転車旅行(スペイン・ポルトガル編)5-1

1990年8月7日

朝食の後、テントの横で茶を飲んでるとエドワルドが訪ねてきた。彼はモンサントのキャンプ場にアトリエを持って、皮細工を作り、絵を描いている。それで飯を食っているアーティストである。一緒に夕食をする約束をして別れた。

その後、ジャンボというスーパーに行って買い物した。

夕方7時にエドワルドのアトリエであるトレーラーハウスを訪ねた。彼はまったく料理は駄目なので、トレーラーハウスのキッチンで文ちゃんが七面鳥の肉とスイカの皮とトマトでカレーを作った。七面鳥のローストを食べながら、エドワルドが用意してくれた冷たいビールを飲んだ。

エドワルドがギターを2丁持っているので、1台を僕が使い、デュエットでブルースを弾いた。エドワルドはギターもとても上手なのだ。

もう一人のエドワルド(背が高い青年)と、昨日会ったカナダ人のサイクリストのデロが一緒に遊びに来た。結局また夜の2時頃まで、エドワルドのトレーラーハウスで楽しく過ごしたのだった。

cycleNext5-1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current day month ye@r *