旅の記録 印度編 3

india31989年11月3日

朝8時頃家を出て、町の反対側にあるバスステーションへ歩いて行く。近くで農業をやってるビッグダルと同じバスに乗り合わせた。

ビッグダルの家を借りるかソニーさんの家を借りるかさんざん迷ったが、僕らはソニーさんの家にした。

ビッグダルはシャイでインド人のイメージからちょっと外れた人物だ。ビッグダルは用事があるらしく、彼のイトコと途中の部落でバスを降りて行った。

パタンコートに昼頃到着。バスステーションで昼食したりしてジャンムー行のバスを待つ。待つ事1時間くらいでバスを見つけて乗る事が出来た。

ジャンムーへの道は平たんで暑かった。

夕方、ジャンムーに到着。ホテルの客引きの後に付いてバスステーションのすぐ近くのsixer Hotel(40Rs、1Rs≒9円)に泊まった。

同じホテルにスエーデン人の旅行者がいて、彼はギターを持っていた。僕が彼のギターでフラメンコを弾き、弾き方を少し教えた。彼はピンクフロイドの曲を数曲弾いて聞かせてくれた。その後近くのレストランで夕食を取った。

ベッドにダニがいたのでフロントに文句言いに行ったが誰もいなかった。ベッドからマットを降ろし、床に敷いて寝た。ベッドバグ(ダニ)は、マットではなくベッドの下に潜んでいる。それも木製のベッドを好むのである。

ジャンムーは毛布一枚で十分だった。シャワーを浴びた後、昼間の疲れですぐに眠ってしまった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current day month ye@r *