タスマニア旅日記(自転車旅行) 35

au352002年3月30日 日曜日 晴れ 22℃(朝は12℃だった) ホバート

ピーターは山の仕事でまだ帰って来ない。

ジュディーがニックとジョーの家に連れていってくれた。車で一時間くらいの山の中に住んでいる。下の方に海が見え、マライア島の一部が望まれた。景色の良い所にその家は建っていた。

ニックは山の仕事をしていて会えなかった。ジョーは企画の仕事をしており、毎日会社へ行く必要はなく、家で仕事する時の方が多いのだと言う。一ケ月前の引越パーティーの時以来の再会である。

「どうだった、フリンダース島は。私達もキャンプに行った事があるのよ」とジョーはなつかしそうだった。

菜園も見せてもらった。ドライアップした土地、ポッサムやワラビーが畑を荒すので野菜を作るのは大変である。それでも、色々と工夫して作っていた。田舎暮しは何も日本だけでなく、こちらでもトレンディーであるようだ。

帰りに日よう市に寄った。ホバートから15kmくらいのところにあるソレイルとゆう町で日よう日になるとドロボー市をやっている。

市場の周辺は、あちこちからやって来た車で一杯だった。市民が皆、思い思いに店を広げている広場は町の大きな運動場らしかった。ガレージセール大集合という感じ。ガラクタが多い。

私はベリーのジャム(自家製)と古風な料理用のフォークを買った。これは大きなローストの固りを切り分ける時に使うものだ。

こうしたガラクタ市は、けっこうポピラーな行事なのだとジュディーが説明してくれた。彼女はリンゴを2kg買った。他にホームメイドのキャロットケーキを買った。お茶の時に食べたが、なつかしい味がした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current day month ye@r *