旅バカ日記

『道は君の家の前から世界に通じる
いつでも道は君が旅に出るのを待っている
すべてを捨てて旅立とう
Virtual Reality とは違った本物の世界が君を包み込む
きっと君は感じるだろう
本当の人生のすばらしさを』

タスマニア旅日記(自転車旅行) 42-2

au42-2空港の荷物あずかり所に荷物をキープして、ウォークマンとスケッチブックだけを持って地下鉄でサクラキーに行った。日本で言えば横浜の山下公園みたいな所である。プラス・香港とゆう感じ、一日中楽しめる所だ。 続きを読む »

タスマニア旅日記(自転車旅行) 42-1

au42-12002年4月11日 日曜日 晴れ シドニー→ソウル

朝8時前に目がさめた。シャワーを浴びた。今夜は飛行機の中だから風呂なしだ。チーズとクラッカーとミネラルウォーターで朝食をすませ、パッキングして朝10時にホテルを出た。 続きを読む »

タスマニア旅日記(自転車旅行) 41-1

au41-12002年4月9日 火曜日 晴れ 24℃

シドニーも2ケ月前来た頃にくらべると非常にしのぎやすく、朝夕は肌寒いくらいだ。

朝8時に起きて、朝飯を食べに町に出た。ホテルから歩いて5分くらいの所に手頃なカフェがあった。

店の外のテーブルでコーヒー(フラットホワイト)とピタパンで朝食をとった。ピタパンには、コリアンダーの青い葉とチキンのソテーがたっぷりつまっていて非常にうまかった。しかし私にはボリュームがありすぎる(全部で10ドル、高い!)。 続きを読む »

タスマニア旅日記(自転車旅行) 40

au402002年4月8日 くもり

いよいよタスマニアを去る日が来た。

ジュディーは朝から仕事に行き、ピーターは山に行く準備とビールを仕込む仕事を始めた。

私は午前中にイタリア製のパーコレーターを買いに街へ行った。マイヤーとゆう古いデパートで以前に見つけた。48ドルだが丁度ディスカウントセールの期間でたったの34ドル(2500円)で買えた。ラッキー! 続きを読む »

タスマニア旅日記(自転車旅行) 39

au392002年4月7日 日曜日 晴れ

今日はピーターとジュディーの仕事を手伝った。引越してきて間もないので色々とやる事がある。庭を片づけ、出たゴミ、ガラクタの類(ガベッヂ)を捨てに行った。

車の後ろにトレーラー(カート)を取付ける。トレーラーは小型トラックの荷台くらいの広さがあり、何でも運べる。こちらでは、ポピラーなもので皆が使っている。車文化の国なのだ。 続きを読む »

タスマニア旅日記(自転車旅行) 37

au372002年4月5日 金曜日 晴れ 19℃

朝、晩は少し冷え込むような秋の気配だ。

夏が終って、4/1からサマー・タイム制は終り、時刻が一時間くり上った。日没が8時では不便なのである。やっぱり6時とか7時までに日が沈んでくれないと夜ふかしが過ぎてつかれがたまるのであろう。 続きを読む »

タスマニア旅日記(自転車旅行) 35

au352002年3月30日 日曜日 晴れ 22℃(朝は12℃だった) ホバート

ピーターは山の仕事でまだ帰って来ない。

ジュディーがニックとジョーの家に連れていってくれた。車で一時間くらいの山の中に住んでいる。下の方に海が見え、マライア島の一部が望まれた。景色の良い所にその家は建っていた。

ニックは山の仕事をしていて会えなかった。ジョーは企画の仕事をしており、毎日会社へ行く必要はなく、家で仕事する時の方が多いのだと言う。一ケ月前の引越パーティーの時以来の再会である。 続きを読む »

タスマニア旅日記(自転車旅行) 34

au342002年3月29日 土曜日 晴れ ブリドポート→ホバート

昨夜は、キッズがさわぎキャンプ地はにぎやか、若返った感じだった。しかし9時になると静かになった。カラオケがんがんの日本のキャンプ場とは違う。彼らは節度をわきまえている。ソフティフィスケイトされている。こうゆう所は見習った方がいい。

最近のジャパンはアメリカ文化の悪い部分ばかりを取り込んでいるとしか思えない。キッズが騒いで授業が出来ないなんてサイテーだ!! 続きを読む »

タスマニア旅日記(自転車旅行) 33

au332002年3月28日 晴れ 23℃

エンジンが止ったので目がさめた。まだ夜は明け切らずあかつきの空には星が残っていた。私は防水ジャケットを引っかけ、船室からデッキに出た。

船は止っており、錨をおろすガランガランとゆう音がひびいた。ブリドポートの灯が2km先に見えた。船はここで満潮を待つのだ。

それにしても船長も船員もタフなので私は驚いた。昨日の未明にレディバロンに着いて、荷を下し、そして休むひまもなく荷を積んだ。積み込みは出航寸前の夜9時まで作業が続けられた。 続きを読む »

タスマニア旅日記(自転車旅行) 32

au322002年3月27日 レディ・バロン→ブリド・ポート 船

朝、まだ未明に沖合から船のエンジンの音がして目がさめた。テントの外に出てみると私の乗る貨物船のようだった。船の灯は近づいてこず、遠ざかってゆくようにも見えた。 続きを読む »

タスマニア旅日記(自転車旅行) 30

au302002年3月25日 晴れ 青い空

スケッチを見せてと言われてたので、一軒きりあるカフェの店のマダムに見せてあげた。絵が好きなのだとゆう。彼女と息子は喜んでくれた。

紅茶を飲んでから見送られて一路、南へと向った。 続きを読む »

タスマニア旅日記(自転車旅行) 29

au292002年3月24日 日曜日 晴れ 11-27℃

昨日、30kmのオフロードを自転車で走ってホワイトマークに着いた。フリンダース島で唯一の町だ。

町と言っても、一の橋くらいのもんで小さい。ポストオフィス、スーパー、カフェ、ベーカリー、交番、そしてなんとホテルが一軒ある。インターステイツ・ホテルと言う。

このホテルは百年以上はたっている古いもので、風格がある。今夜はこのホテルに泊る事にした。

テント暮しも一ヶ月も続くと、ちょっとあきる。それに一週間くらい風呂に入ってない。たき火ばかりしてるから煤けてしまった。服に煙の臭いがしみ込んでいる。 続きを読む »

タスマニア旅日記(自転車旅行) 28

au282002年3月22日 晴れ キリカンキ→エミタ

キリカンキが今度の旅のターニング・ポイントとなった。

これより北のノースウエスト・リバーに行くのは、止めた。そこに行くためには往復、最低2日はかかる。それでは3/27日の出航日までにレディ・バロンにもどれそうもない。また今度にしよう。ウエストリバーのサーモン釣と牡蠣獲りはあきらめた。残念! 続きを読む »

タスマニア旅日記(自転車旅行) 25

au252002年3月19日 →エミタ

4WDのジープにトレーラーと呼ばれる荷車を連結してある。この荷車に私の自転車を積み込んで出発した。

途中のホワイトマークの町で島に一軒だけあるスーパーで買物した。彼女は友人の所に寄って荷物をわたし再び出発。間もなくエミタのキャンプ地に着いた。美しい海岸だった。そこでスケッチした。 続きを読む »