やっぱしエエな、旅は 10

10夕方、砂漠の中の小さな食堂が1軒と公安局、建物が数軒ある限りの集落に差し掛かった。

バスが止められた。検問らしい。公安の若いお巡りが車の点検をしている。運転手が呼ばれて何か言われていた。

このバスはクラクションの音が蚊の鳴くように小さく、その上ウインカーも点かないので通行を許可できないという事らしい。乗客と運転手が考案に頼んでも通してもらえなかった。

続きを読む »

やっぱしエエな、旅は 9

91989年7月24日

宿舎の廊下を歩く足音や、他の客の話声で目が覚めた。外はまだ真っ暗である。貴重品を詰めたデイパックを抱えて外へ出る。

バスの運転手はエンジンをかけるのに悪戦苦闘している。その間に乗客は全員バスに乗り込んだ。やっとの事でエンジンがかかり、バスは未明の砂漠の中を出発した。

続きを読む »

やっぱしエエな、旅は 7

7こんな失敗もある。

バスに乗っていたが、中の座席に乗りたいのでポケットから金を出して2元渡し、あとは日本語でまくし立てて無理やり承知してもらった。それで屋根から降りて中に乗り込み座席に座ろうとすると、自分の座席「指定席」に他の客が座っている。

続きを読む »

やっぱしエエな、旅は 6

6星屋館は不便な上に暑いので、僕らは街の中心部の森の中にある伊楽ホテルに移った。

このホテルは涼しい上に快適だった。この街の一流ホテルで、敷地内には昔のロシア式の建物が建っている。そこの4人部屋を借りたが客は他になく、僕ら二人だけだったのでノンビリできた。料金は1人8元だった。

続きを読む »

やっぱしエエな、旅は 3

31989年7月14日

今日は部落の祭りの日である。

朝、外に出ると、あちこちの家の前で羊を殺して解体しているのでびっくり。爺さんが子供に手伝わせて、またたく間に羊の皮を剥ぎ、その皮の上で解体する。内臓を取り去ると、羊の片足を木の枝から吊るした。カギに引っ掛けてぶら下げる。

続きを読む »

やっぱしエエな、旅は 2

2カザフ族の男は精悍な顔立ちで、馬術に長けている。黒いハンチングをかぶり、黒い乗馬靴を履き、片手に皮の鞭を持っている。

街道内の食堂で飯を食っていると、馬を食堂の入り口の柱につなぎ、長靴をドカドカ鳴らしてカザフの男達が店に入ってきた。アンソニークイン氏とリーバンクリーフ氏(西部劇の悪役スター)のおでましだ。

続きを読む »

やっぱしエエな、旅は 1

1 サリム湖岸の食堂中国、シルクロードからインドへ、そしてスペインと旅は続く。ここはその途中。

予定は1年間、そして予算は一人50万円…いったいどんな旅になるのか僕にも分らない。でも自由になりたいな、と思ったから出発。やっぱしエエな、旅に出るってのは、ハハハ…

続きを読む »